抗肥満性ホルモンを味方につけたいなら~とりあえず○○

昨日は気圧の変化からか、

夕方から少しめまいがありフラフラ~

夜は、鶏肉入のクリームシチューだけを

いただいて20時頃から寝かせてもらいました。

 

こんにちは(●”∇”)ハロー♪

ニュートラジェンの石井です。

 

季節の変わり目

体調崩されていませんか?

 

そんなたっぷりと睡眠をとった翌朝

お風呂に入ろうと体重計にのったら、

なんと1キロダウンしてしまいました。

 

ダイエットをしようと思っていないのに~

痩せてしまった(>_<)

 

ダイエットには、

食事の内容を変えることが最も大切なことは

皆さんご存じです。

 

しかし、実は睡眠を含めた生活習慣を変える

こともダイエットを支える大切なことなんですよ!!

 

 

そこで、睡眠について、おもしろい研究結果が

発表されていたのでご紹介します。

 

米国コロラド大学の研究チームは、

20代の健康な男性6名を対象に、

食事・睡眠・活動・露光量を厳密に

コントロールした中で6日間過ごさせました。

最初の1~2日目には、通常のスケジュール。

その後シミュレーションされた「夜勤パターン」

(徹夜して夜間に食事をし、日中8時間の睡眠を

取る)に段階的に移行させました。

 

すると、夜勤パターンによって

すぐに変化が生じるたんぱく質129種が

明らかになったそうです。

 

この変化は、夜勤パターンへの移行開始から

2日目にはもう起こっており、たんぱく質発現の

日内変動は昼夜逆転していたそうです。

 

たんぱく質だけでなく、夜勤パターンは

繊維芽細胞成長因子19(FGF19)の

レベルを低下させることもわかりました。

 

FGF19は、人の体内で合成される

ホルモン様因子です。

抗肥満性ホルモンと言われています。

 

FGF19は、小腸で発現し、抗肥満効果を有するものです。

人体最大の化学工場と呼ばれる肝臓における

胆汁酸やグリコーゲン合成の調節など代謝を

調節する重要な因子です。

 

胆汁酸は摂食時に腸管に分泌され、脂質成分の

吸収で重要な役割を持っているものです。

 

FGF19は、動物モデルでカロリー燃焼、

すなわちエネルギー消費の促進作用が示されて

います。

 

ダイエットには、味方につけたいものですよね~!!

 

夜勤パターンによってFGF19が低下。

被験者のエネルギー消費量が

1分あたり10%低下することが

発見されたそうですよ。

 

ダイエットしたいなら、「とりあえず寝る」

夜更かしせずに、ともかく寝る。

 

004893

 

夜のお食事は軽くすませて、とりあえず寝て、

体の代謝をあげてくださいね。